活動記録

札幌市もソーシャル・インパクト・ボンドの活用研究に踏み出しました。
私が昨年4定議会の代表質問と今年の予算委員会において提言したことを受けて実現したものです。
私自身もその後、神戸市や滋賀県東近江市など先進地域に伺い、事例等を研究してきました。高齢化などを背景に多様化・増大するソフト事業ニーズに対応していくため、新しい手法にも積極的に活路を求めていきたいと思います。
2017/09/12 04:05:32
市電フェスティバルに息子とやってきました。今年から札幌市交通局単独開催となって、町内会の関わりが薄れたのでちょっと寂しい感じは否めませんが、子供達は楽しんでいるようです。
しかし、こういうゆるキャラもいるんだ(^^;)
2017/09/02 02:43:29
母校、緑丘小学校において、札幌市と道共同の防災訓練が知事、市長も参加のもと実施されました。
生徒と保護者60名以上が一泊して避難所体験をします。自衛隊の協力も得て、グラウンドには移動式の浴場も設置。浴槽とシャワー、ドライヤーコーナーも備えた本格的な設備です。熊本地震の際にもこの「藻岩の湯」が出動し、被災者の癒しの場となったとのことです。
訓練に併せて「北の災害食レシピコンテスト」も実施され、全道204レシピを勝ち抜いた6作品がふるまわれました。
朝晩は冷え込むようになってきましたので、寝袋で夜を過ごす方は大変でしょうが、きっと貴重な体験になると思います。頑張ってください!
2017/09/01 09:38:47
出張から戻りその足で、鉄道・運輸機構と札幌市共催の北海道新幹線 函館?札幌間事業の住民説明会に参加。
札幌市内に入ってからのルートが変更になり、ほとんどが地下トンネル、石山通を過ぎた北6条西10丁目でようやく地上に出ることとなりました。それに伴い用地保障などについても影響が出てきます。沿線の中央区、西区などで何度か住民説明会が開催され、今日は中央区の第1回目。数十名の市民が熱心に聞き入っています。
駅ホーム位置も定まらないなど未だ不確定要素が多い状況ですが、新幹線整備は長年の国策であり、東海道新幹線などに比べ後発計画ほど地域の負担が大きくなっている実態も踏まえ、国にはより一層現実に即した対応を期待したいとこらです。
2017/08/25 10:32:15
南円山連合町内会は各町内会対抗の運動会。最近では珍しいですよね。
それにしても玉入れのレベル高い!80個オーバー続出。
2017/08/20 01:29:34
多賀神社の子供神輿。護国神社から行啓通りを通って、開拓記念碑がある山鼻公園まで。公園にいた老婦人が、孫も担いでいたと懐かしそうに話してくれました。そのお孫さんも今は三十近いそうです。
2017/08/08 02:18:51
毎年恒例の鴨鴨川清掃運動が、炎天下、300名以上の方のご参加のもと開催され、この会の顧問として、挨拶をさせていただきました。
地域の企業や団体、地元の豊水町内会、山鼻小学校に静修高校の生徒さん、多くの方々が、札幌中心部の顔である中島公園地区、ススキノ地区の美化にご協力をいただいてます。
今年はミス・アース・ジャパン北海道のお三方も参加し、運動に花を添えてくれました。
http://hokkaido.mej-ap.org

来年もまた北海道神宮祭が終わった頃に開催しますので、ご賛同いただける方はよろしくお願いいたします。静修高校だけでなく、隣の僕の母校にも協力してもらえたらなぁ。
鴨々川を清流にする会事務局:011-821-8086(札幌霊堂内)
2017/07/09 02:58:46
SIB先進地、東近江市の視察2日目は、市民の出資によるファンドが支援しているソーシャルビジネス事業者を視察。
京都から移住して、かつての林業部落に工房を構える「KUMINO工房さん」。地元の木材を利用して、大工伝統の組み木の技術を活かした積木を開発。積木で法隆寺より高い塔を建てるという野望も持った元SEで元大工。構想の大きさにすっかり魅力されました。
環境と農業で地域おこしを目指す「蒲生夢工房」。地域の人が集う「場」としてのカフェの運営や障害のある方の働く場としての農業などに取り組んでいます。こんな小さな一地域が「地域計画」を作成して取り組んでいる姿には脱帽ものでした。
ソーシャルファンドに注目が集まる昨今、ともすれば仕組み創設に傾倒しがちですが、なぜやるのかという本来の目的があってこそ。札幌で展開する意議をしっかり考えなくてはと、基本的なことを改めて再確認する視察となりました。
2017/07/08 04:31:08
東近江市のソーシャル・インパクト・ボンドを活用した成果連動型の補助事業の選考会にお邪魔しています。これまで見たこともないような審査会です。
単に提案内容を審査するのではなく、事業の成果指標を申請者と選考委員が一緒に考え、投資家の納得できるものにブラッシュアップしていく姿は感動もの。
活気的かつ野心的な内容で、ここまで来るには大変な試行錯誤だったと想像します。大変勉強になります!
2017/07/06 14:33:57
滋賀県東近江へ。
自身の喫緊の政策テーマとしているソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)の活用に向けての打合せです。
福祉など社会的課題の解決に民間資金と民間事業ノウハウを使うこのスキームで全国で最も最先端を行っているのが、近江商人の末裔たち。今話題の休眠預金も視野に入れています。
残念ながら、我が国におけるこの取組は今のところ西高東低。札幌でも活用できないか、「政治主導」で働き掛けていきたいと思います。
2017/07/05 23:03:24
中川賢一 facebook

活動記録

事務所アクセス