活動記録

01月02月03月04月05月06月07月08月09月10月12月
2018年01月02月03月04月05月06月07月08月09月10月11月12月
2019年01月02月03月04月05月06月07月08月

■ 2017年03月の記事一覧

北4条東6丁目の再開発事業がいよいよ着工。新しい中央体育館の他、商業施設、高層住宅、医療・福祉・健康増進施設が一体となった複合施設として整備されます。札幌ファクトリーから体育館までは空中回廊で繋がり、冬季間でもアクセス良好。
体育館などは2年後、全体は4年後に完成予定。都心東地域の姿が大きく変わります(^^)
2017/03/25 04:56:08
3月21日の札幌市議会予算員会では平成30年秋にオープン予定の札幌市民交流プラザのあり方について質疑をさせていただきました。
オペラなども講演できる本格的な劇場とアートホール、図書館などの複合施設で、文化・芸術を軸に都心の新たな賑わいを創る拠点として整備が進んでいます。
建設費約300億円、年間運営費は約15億円という巨大プロジェクトですが、それに対し、年間来場者数100万人、年間収入4億円を目指すという札幌市の目標です。
この目標が高いのか、低いのか、いろいろな評価があると思いますが、委員会では函館の「蔦谷書店」の事例を紹介しながら議論をさせていただきました。
函館蔦屋書店は、これまでの商業施設とは違う、『マチ・ヒト・コト・モノ、すべてが交差する場』という公共性のある場を目指した空間で、人口27万人の函館にあって年間300万人が訪れる全国でも今大変注目されている施設です。
一概には比較できませんが、札幌の市民交流プラザは立地的にも予算的にももっと高い目標を立て、多様な人の賑わいを創出すべきと考え、目標の上方修正と民間事業者との協力強化を求めました。
巨額のプロジェクトにふさわしい交流拠点となるよう、しっかりと関わっていきたいと思います。

http://sapporo-community-plaza.jp/
http://www.hakodate-t.com/
2017/03/23 01:15:17
29年度第1回定例市議会も中盤を迎え、連日予算委員会です。3月8日の財政局の審査では、老朽化が進む市有資産の適正なマネジメントと複式簿記の考え方を取り入れた公会計の改革について、3月16日の教育委員会では小学校プールの必要性について質疑しました。
現在、市内ほぼ全ての小学校に屋外プールがありますが、年間の利用時間はたったの30〜70時間程度。ほとんど利用していないのが実態です。また、専門の監視員等がおらず教職員が安全管理をしていて、全国的にも事故が絶えない施設です。
複数校で室内プールを供用したり、市有プールや民間のプールを利用する方が使用効率は飛躍的に向上し、冬期間使用も可能になるほか、1校あたりの経費も格段に軽減します。
さらに、プール敷地を学童保育や地域住民の活動施設とした方が、利便性も向上します。
今後、プールの共用化と敷地の有効利用を市としても検討していく方向となりました。
2017/03/22 00:57:34
予算委員会の合間を縫って仙台日帰り出張。行政が社会的課題解決に取り組む際の新しい資金調達手法であるソーシャル インパクト ボンドの研修です。
昨日3月8日の予算特別委員会では、市有公共施設の修繕、建替需要に備え、必要な財務データや固定資産台帳の整備とそれらの戦略的・効率的な活用について質疑をさせていただきました。
2017/03/09 01:04:46
中川賢一 facebook

活動記録

お問合わせ先

  • 札幌議会 自由民主党議員会控室
    〒060-8611 北海道札幌市中央区北一条西2丁目
    TEL:(011)211-3207
    FAX:(011)218-5119
  • 事務所
    〒064-0920 北海道札幌市中央区南二十条西6丁目4-10 フラッツ幌南1F
    TEL:(011)520-0001
    FAX:(011)520-8888
    MAIL:info@daisuki-sapporo.com

事務所アクセス